« ジムクラーク物語2 | トップページ | 花園に散る »

2006年12月22日 (金)

ジムクラーク物語3

Photo_15 その後ハイデルベルクを観光して一路アウトバーンでフランクフルトへ戻った。急ににわか雨が降りそして突然止み、虹が2本出た、瞬間来たなと思った。

すると虹のすそのがあんぷおやじの方へするすると伸びて来て取り囲み虹に包まれた。本能的に写真はいけないと思いじっとしていた。隣のガイドは前方を見たまま、まったく気が付かず車を走らせる。

どの位の時が過ぎたのだろうか虹は消えた。あの雨はジムクラークの涙だと勝手に決めた、そしてジムクラークがお礼に来たのだと。こんな体験は後にも先にもこれっきりだ。 家に戻り家人に虹の話をしたら2本なんて見た事有るよと言われた。あんぷおやじはこの時が始めてだった。

その後アイルトン、セナの墓参りでブラジルへ行ったが何も起こらなかった。 

|

« ジムクラーク物語2 | トップページ | 花園に散る »