« マン島TTレースとRC165 | トップページ | ブラジル紀行 1 »

2007年7月14日 (土)

サンフランシスコベイブルース 12

Photo_315 思い出のサンフランシスコの歌詞に”To be where little cable cars ”リトゥル.ケーブルカーとある。これがなんでケーブルカーなのか見た時は分からなかった。

レールとレールの中央にあるにある地下ケーブル(画像で3本あるレールの真ん中)をくわえたり離したりして動いていたのだ、後で調べて分かった。確かに坂がきついのでケーブルカーでなければ無理だ。フィッシャーマンズワーフ近くで方向転換するが、人力でやっていたのが滑稽だった。

レンタカーでブリッドの如くジャンプしながら坂を転げ落ちるように走るのだが、このケーブルカーのレールに乗ると滑ってあわやという事もよくあった。坂も多くLAに比べたら雨も降り、霧も出て結構四季っぽい感じが日本人に好まれる所以だ。

|

« マン島TTレースとRC165 | トップページ | ブラジル紀行 1 »