« ラグビー仲間 NO8 | トップページ | ラグビー仲間 NO11 »

2007年7月30日 (月)

ラグビー仲間 NO6

Photo_4ポーズを決めるチーム一の哲学者、O路君だ。ポジションはNO6フランカーだ。試合中の彼は時々哲学者の様な思慮深き表情をする事が多く、勝手にあんぷおやじが哲学者と決めた。3年初めの頃は監督に厳しく叱責され一番大変だったが、その監督の期待に答えて大いなる変身を遂げ花園では大活躍した。

印象的な話を2つ。東海選抜だったかな、ケガで途中退場する時、天を仰いで”ウー”と声をあげ悔しさを表現した。この時、あ!彼は素直な良い子だなと思った。

もう一つは練習が終わったある時、目を真っ赤にした彼に思わず声を掛けたら、”いつもこんなです”と怒られ続けた自分へ叱咤激励と明日へ希望で複雑な表情をしたのが忘れられない。うるさい追っかけおじさん、あんぷおやじの問いかけに何時もきちんと対応してくれた、あの若さで目配り、気配りの出来るナイスガイだ。

|

« ラグビー仲間 NO8 | トップページ | ラグビー仲間 NO11 »