« サンフランシスコベイブルース 12 | トップページ | ベイシーのJBLアンプ »

2007年7月21日 (土)

JBL 4550BK

211ALTEC 211の国産箱だ。何時もスピーカ箱をお願いしているタテマツ音工さんの製品画像をお借りした。オリジナルはグレーでとても家庭に持ち込むには....しかしこれがALTEC党にとっては本命で欲しかったが、横幅が2m以上もありオーディルームに設置できず断念した。

Jblその代替でJBL4550BKを手に入れた。BKでBKAで無いとこが素晴らしい。オールホーンはやはり良いね。celloのパフォーマンスで長い間鳴らしたが、駆動力が凄まじく箱の補強を余儀なくされて現在の格好になった。

こうゆう古い物は宝だ!作者の思いが込められる時代の傑作で、合理性、利便性などはどうでも良く、コンピュータで作られたハイテクと違い潤いに満ち満ちている。家族は眉をしかめただの大型ゴミのように言うが。

横型のホーンを立てたため全高は2.5mくらいになり、1003Bホーンのデッドニング作業時に落っこちた事がある。命がけと言うが趣味如きに命は掛けられない、が時々そうゆう事態になる。

|

« サンフランシスコベイブルース 12 | トップページ | ベイシーのJBLアンプ »