« サンフランシスコ ベイブルース 番外編 | トップページ | PDX2000開発記 2 »

2007年8月 7日 (火)

PDX2000開発記 1

Psx2000DJ用のレコードプレーアでV社のPDX2000だ。この世界はテクニクスのSLシリーズがベストセラーで牛耳っていて、それを越える目標で開発した。あんぷおやじはハードとソフトを担当した。DJ用でトルク重視となれば、磁石付きにならざるを得ない。音重視ならば弱磁性体のヒステリシスシンクロナスモータになるが。

ワウフラが0.05%で非常に厳しい数値だ。加速、減速時間が数秒などとゆう法外な数値でさらに、加速精度は音階の変化がふらつかない条件だ。もうこの時点で従来のレコードプレーアではなく演奏マシーンなのだ。

客先担当のEさんは勿論オーディオマニアでコンピュータ音楽(打ち込み)もでき、音楽に対する情熱も素晴らしい。モータは信州の天才Oさんが担当し、この3人がトリオを組み未知の世界へと進む事になった。

|

« サンフランシスコ ベイブルース 番外編 | トップページ | PDX2000開発記 2 »