« PDX2000開発記 1 | トップページ | ビレッジバンガード 5 »

2007年8月 8日 (水)

PDX2000開発記 2

Photo_3画像は信州の天才Oさんが開発したモータだ。アウターローター型で巻き線が簡単にでき、量産時に威力を発揮する。

物語には敵なる人物の登場が必要だが、客先の部長としよう。M社はオーディオのトップメーカで、そこの部長だから言う事は厳しくて、開発会議でいきなり”遊びではない”と一喝された。こちらの気持はプロだから勿論遊びではないが、製品その物は遊びでなければできない類のものだ。

JAZZ党のあんぷおやじは大体DJなどと言うものが何なのか詳しくは知らない。先ずはそこからの調査であった。たまげたのはDJは音楽演奏家であると言うこと!単なる皿回しではない。レコード盤の押さえは言うに及ばず、シャフトの押さえ、プラッターの押さえなど様々なテクを駆使して、2台のレコードプレーアから音楽を作り出す。

えらい物を引き受けてしまったと思ったがもう後の祭りだった。

|

« PDX2000開発記 1 | トップページ | ビレッジバンガード 5 »