« サンフランシスコ ベイブルース 15 | トップページ | SAE MODEL2600修理 1 »

2007年8月20日 (月)

PDX2000開発記 5

Photo 先日PDXの開発を一緒に進めていた元客先担当者Fさんが(退職した)がJAZZを聴きに見えてくれた。

過去に遡るがRobert Moog(ロバート・モーグ)博士が1960年代後半に電圧制御発信器を使ったモーグ.シンセサイザーを発明してから音楽シーンは電子楽器時代へと突入した。

当時ヤマハライトミュージックコンテストで良い成績を上げていたHビックバンドは、これらの情報を手に入れ何とか電子化の方向が出来ないかと模索した。コロンビアのエレキピアノの改造、エレクトリックトランペットなど多少は電子化が出来た。

そのFさんが”DJもコンピュータで音楽を作る時代になった”と言われていたが、まあこれも”はやり病”でしょうがない事だ。クラプトンはアンプラグドでアコースティック回帰をした。他にも沢山のミュージシャンがエレクトリックから回帰している。

確かにDJは沢山のレコードを持参して、2台のレコードプレーアで演奏をするのが大変と言われればそうかも知れないが、涼しい顔をしてコンピュータのシンセを操作するなら別にDJの必要もなかろう。時代は必ず揺れ戻しは来るが元へは戻らない。

|

« サンフランシスコ ベイブルース 15 | トップページ | SAE MODEL2600修理 1 »