« 花園回想 NO2 | トップページ | 花園回想 仕掛け人1 »

2007年9月29日 (土)

花園回想 NO8

Tuyosi奈良の練習場に着くと、時既に遅しで片付けの最中だった。空はどんより曇り小雪が舞い明日の仰星戦を占うかのような風雲急を告げる空模様だ。春日神社、東大寺を見て街中に出向くとマネージャー3姉妹に会い、何かを買ってあげたな。

県大会決勝では相手ディフェンスを何度となく切り開き、その走る姿は”GTIおやじ”にそっくりで、心熱き、心優しきラガーマンだ。

土佐塾戦のtuyosiは、ラグビー部の語り草になるほどの縦横無尽な活躍を見せて周囲をあっ!と言わせた。

12月30日いよいよ仰星戦だ。控え室で全員が悔いの無い試合を誓い合い、涙してグランドに登場した姿を、遠方に陣取った応援団は知る由もなかった。ホイッスル前にtuyosiが仰星チームを指差し戦いを挑む姿が印象的だった。フォワード平均体重20kg差は常識的に考えても、非常識的に考えても試合にならないはずだが、”熱き心は技術も運動能力も全てを越え”見事な戦いを見せた。

その熱き心の牽引者がtuyosiだった。大丈夫!tuyosi!

|

« 花園回想 NO2 | トップページ | 花園回想 仕掛け人1 »