« ラグビーの聖地 | トップページ | 本多監督新聞記事 »

2007年9月25日 (火)

花園回想 NO6

Hanazono1観客席に居たあんぷおやじはこのポジションでの写真は絶対に撮れない。新聞記者さんが提供してくれたもので相当枚数ある。場内放送では望遠での写真撮影を禁止するアナウンスが流れて、ましてやグランドに降りれっこない。貴重な写真で感謝!

画像は土佐塾戦だ。teruがボール持って猛然とダッシュした、早い!フォローにtuyosiとkeisukeがつく。3人ともフォワードで重量はないが軽い分早く走れる。

あれだけ監督に厳しく叱責されていたteruは、もうこの時なみだ目のteruではなくチームを引っ張る名フランカーになっていた。記念すべき花園ファーストトライはteruがゴールライン寸前まで独走。

片手で手を伸ばしさえすれば届いたはずを、ボールを後方へ置いて後のdaikiに託した。恵まれた家庭で育って、頭ごなしに叱られるなんてなかったのだろう。その未完成な精神がズタズタになるほどの厳しさに耐えて成長したteruの思慮のこもった”そっと後方へボールを置いた”が2006年組の全てを表し、意味深く忘れられないシーンだ!

|

« ラグビーの聖地 | トップページ | 本多監督新聞記事 »