« 花園回想 NO9 | トップページ | 花園回想 番外 »

2007年10月 8日 (月)

花園回想 NO14

Sin春の新人戦から応援を始めて花園まで1年間で1000枚以上の写真を撮った。よって1000話以上の話が書ける事になるが、ずーっと先になると段々記憶が怪しくなり、終いには”仰星戦はこっちの勝だよなあ!会長”てな事になり兼ねないので史実からずれても御容赦!

まるで親子鷹だ。”らぐびーおやじ”の言う事を素直に聞く良く出来た息子で(おやじ以上の出来だね)ラグビーの為に信州から清水の地に出てきた。大変苦労したと思うが本当によかったね。

東海大翔洋ラグビーチームで県内は無敵、東海大会でも好成績、春の選抜も出場、そして憧れの花園、しかも第一グラウンドの2試合、ラガーマン冥利に尽きる。それもこれも家族一丸ととなってNO14,sinを支え、そして本人の努力の賜物だった。

画像は花園第一グランド、超満員の観客の前で縦横無尽に駆け抜ける俊足右ウイングsinの最後の勇姿だ!

|

« 花園回想 NO9 | トップページ | 花園回想 番外 »