« 花園回想 名コーチ | トップページ | 花園回想 親達の群像 NO8 »

2007年10月20日 (土)

花園回想 親達の群像 NO6

Rei2006年組親達の団結力はそれぞれが違う職業でなお且つ超個性的にも関わらず実に見事で他の年代を圧倒する。大体これほど個性的な人間が集まると、本来まとまりなんぞ出来る訳がない。スクラムで腕を回して結合する事をバインドすると言うが、みんな粘着(バインダー)人間なんだろう。

NO6,teruのおかんだ。自分の若い頃にそっくりだとお嬢さんを前に盛んに言われているが妙に納得だ。頭脳明晰な才女で場の空気を読む事にかけては絶妙でたまげる。

宴会での迷役者振りに目が行きがちだが、実に細かい配慮のできる人で2006年組みんなの事を常に考え行動していて、ポジションはteruがNO6だったがマネージャーだね。ふっ!と思慮深き表情をする時があり、teruに瓜二つ!なーんだteruの哲学者風の表情は母親譲りだったのか。

|

« 花園回想 名コーチ | トップページ | 花園回想 親達の群像 NO8 »