« 花園回想 開会式 | トップページ | 花園回想 親達の群像 NO10 »

2007年10月27日 (土)

Jim Clark (1936-1968)

Jimロータスのジム.クラークだ。1968年4月7日ホッケンハイムサーキットに趣味で出場したF2レース中、あの長い直線でコースアウトして立ち木に激突、炎上死した。

そこの立ち木の下に墓標が作られ、その場所をジム.クラークシケインとしたが現在は大幅改修になりその直線はなくなり、ほとんどジム.クラークの存在は希薄で忘れ去られようとしている。

F2のロータスだがいいデザインだ。形がグロテスクで先鋭的な現代のコンピュータデザインと異なり潤いがあって、形その物に”人間臭さ”がある。

F1を見ている君!ハンドルのオートマチックボタンを操作しながら300Kオーバーで走るも良いけどさ!シンクロのとろいミッションでダブルクラッチ、ヒールアントゥで吸い込まれるようにギアが入ると”あ!俺は天才レーサーだ”ってな気分で箱根の旧道をドリフトしながら、当時は小さかった4番ロックの息子を乗せたロードスターが疾走した。ついこの間の事だったが....

|

« 花園回想 開会式 | トップページ | 花園回想 親達の群像 NO10 »