« 花園回想 最後の戦い 10 | トップページ | ビル.エバンス 2 »

2007年12月17日 (月)

ビル.エバンス

Evansビル.エバンスは軍隊時代に薬に手を出したとある。チャリーパカーが薬漬けであの天才的演奏が出来た事でJAZZミュージシャンは薬に対して肯定的になったとも記されている。参考文献:ピーター.ペッティンガー著ビル.エバンス

原点がクラッシックを学んだピアニストで最初っから違和感無しに聴けた。マイルス.デイビスのクインテットでは7ヶ月しか在籍しなかったが、黒人から差別された事実には驚かされる。ジョン.コルトレーンはビル.エバンスを無視し続けた。

この時の経験から自分のトリオではサイドメンが2人とも黒人になる事は無かったようだ。画像の名盤”ア.シンプル.マター.オブ.コンヴィクション”でもシェリーマンは白人でエディ.ゴメスが黒人だ。エディ.ゴメスは4、5年前に藤枝ジェノバへ来た時聴きに行った。

|

« 花園回想 最後の戦い 10 | トップページ | ビル.エバンス 2 »