« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その1 | トップページ | 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その4 »

2008年2月28日 (木)

謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その2

Koubou2JAZZ喫茶AMP工房のメインシステム。

JBL 4550BKダブルウーファ箱,ALTEC  515Bウーファx2,ALTEC 228-16Gドライバー,ALTEC 1003Bホーン,GAUSS 1502ツイータ,JBL 2405ツイータ,

Altecなんの暗号かとお思いの方は深く詮索しないほうがよろしいようで...音の種類は軽めでハイスピードが信条、サーボモータ制御と同じでやたら早い。1点フォーカス主義は止めて音を空中へ拡散させる為に、ツイータを2個に増やした。

JblJBLの4550BKは作者に”ご免なさい”とゆう程手を加えた。celloのパフォーマンス時代にこの箱が駆動力に負けてしまい、以来手を加え続けた。フロントロードホーンのショートタイプで呆れるほど低音が出なく滑稽にも見えるが、音楽で必要な周波数帯は以外にも狭くこれで十分、さすがホーンだね。

音は都合が支配的で、ALTECと勝手に決めた都合で基準が決まり後は経済的都合に支配される。また技術的興味とゆう都合にも支配されキャンタイプトランジスターでアナログ最後のアンプを作り続ける。

|

« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その1 | トップページ | 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その4 »