« 力武誠君JAZZコンサート e1 | トップページ | JAZZオーディオ »

2008年3月16日 (日)

JAZZオーディオとレコード

Ampkoubouレコードは一度処分してから再蒐集でたいした枚数は持っていない。最近はもっぱらレコードジャケットを油絵に描こうプロジェクトの為に迷盤を集めている。

CDとレコードどちらが良いですか?と聞かれれば勿論レコードと言いたいが、レコードも粗製濫造の時代があり全て良い訳ではなく、一番理想はオリジナル盤でただ高額であり数も少なく難しい所。だがジャケットは30cmのサイズがないと芸術的表現は出来ずCDサイズでは無理。

JAZZとオーディオは夫婦みたいなもので双方が協力し合い成長し合って素晴らしいJAZZになり素晴らしい音になる。お好きにどうぞで要らん世話だが、良い装置(お金をかけた物では無く情熱をかけた物)でレコードを聴くと”得たものと失ったもの”に気づき唖然とする。

|

« 力武誠君JAZZコンサート e1 | トップページ | JAZZオーディオ »