« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その12 | トップページ | 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その13 »

2008年3月30日 (日)

ロータリーエンジンスピーカ 2

Roter2ロータリーエンジンの排気口から2ストのエキスパンションチャンバーを出し排気動脈効果でパワーアップをする、同義でB&Wのノーチラスの共鳴管は各周波数のパワーブーストの為で、何だ2ストから来たのか?

レーシングメカニック吉田さんから借用している模型エンジン用の巨大なカーボンファイバーのエキスパンションチャンバーを、仮付けして周波数の特性を測る。共鳴管は口径、長さをカットアンドトライで決めていく。

パワーアンプはエンジンアルミボディがヒートシンクになり、1チップパワーOPAMPをネジ止めしてアンプ内蔵とする。ツイータはおむすび型のローターへ組み込み別設置とする。

|

« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その12 | トップページ | 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その13 »