« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その7 | トップページ | 力武誠君JAZZコンサート »

2008年3月 6日 (木)

オーディオ用トランジスターを作る

Tr 駒ヶ根のウッドインは友人の喫茶店で4年ほどこのトランジスター実験に参加してもらった。タバコの煙モウモウの中で4年間むき出しチップのアンプでJAZZを連日ガンガン掛けたが安定した動作で案外強い事が分かった。

1個2個なら自分でキャンを切断するが、数が多く知り合いの旋盤屋さんに切断してもらう。今度はハンダポットを使い熱ストレスを最小にしてベアチップを剥がす。

ベース素材は熱伝導、伝導率から迷わず銀になり99.99%の6mmを入手して加工した。銀の切断面は鏡面仕上げをして最小限の銀ハンダでベアチップをマウントする。ここのハンダ付けが一番重要で冶具を作る必要がある。

アルミ線のボンディングワイヤーが画竜点睛を欠くが短く切断して金線でかしめる。

|

« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その7 | トップページ | 力武誠君JAZZコンサート »