« Bill Evans 2 | トップページ | Bill Evans 3 »

2008年3月22日 (土)

謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その9

Ampkoubou先日もオーディオ論争を見かけたが絶滅危惧種を加速させているようなもので今や希少価値のJAZZやオーディオに論争はいらんね。当店のお客様は、皆さん道楽三昧をし尽くし悟りの境地で揉める事はない。

ALTECの1003Bは288-16Gのドライバーを付けて300Hzから再生できる。ホーンのデッドニングはラスクを割って金属接着剤で貼り付ける荒業で、作業中もお店は営業していたのでシンナー臭く随分迷惑を掛けた。更に表面はモルタルで均し塗装を施した。作業中の深夜に2mのウーファホーンから見事に落っこち腰を強か打ったが、命には別状なかった。

これで目論見どおりにならなかったらドンキホーテみたいなもので、お笑い種だが若旦那がホーンが消えたと言い、この件は決着した。

マルチ、ネットワークとの繰り返しだったが、流石に300Hzのネットワークはおおごとでコイル、コンデンサに投下する費用で楽にパワーアンプが出来てしまう。

|

« Bill Evans 2 | トップページ | Bill Evans 3 »