« DP100,DP80再生プロジェクト10 | トップページ | SAE MODEL2600再生プロジェクト5 »

2008年4月27日 (日)

サウンドラボA1

A1謎めいたJAZZ喫茶”AMP工房”へ時々登場するサウンドラボ社のA1だ。入り口側席方面に2本並べて設置してある。たいていの人はスピーカと気が付かず、がしかしさしたる興味も示さない。

これを国内で販売していた商社がサポートするかどうかは知らないが、熊本Beronさんも高圧回路の不調で困っておられた。これだけ高額のスピーカは皆さん一生もんで手に入れるのだからサポートをきちんとして、絶対的安心感を与えるのが商社の役目だと思う。幸いあんぷおやじは本職で、振動板以外は全部作り直そうと思っているくらいで故障は一向に気にならない。

静岡のイーサンさんもA1のユーザーでスペクトラルで鳴らされていて、おお!そうかその手もあったか。先ず指向性が強いとゆうが、そんなでもない、大柄で音像が大きい、いや決してない。一時JAZZを鳴らし大振幅で振動板を接触させてしまいスマン!

パワーアンプは空中にポッと音を浮かび上がらせる事に集中して開発を心がける、プリはマークのLNP-2Lなら簡単に空中へ音を浮かび上がらせるが自作では難しい所、だがやりがいはある。

近々A1再生プロジェクトをスタートさせる...

|

« DP100,DP80再生プロジェクト10 | トップページ | SAE MODEL2600再生プロジェクト5 »