« 1954年録音風景 | トップページ | DP100,DP80再生プロジェクト9 »

2008年4月21日 (月)

Marantz CD-16F その5

Cd16fCD-16FのDAコンバータ基板の裏側だ。44.1Khzで入ったクロックもビットストリームでは10Mhz近くにもなり高周波の世界になる。TDA1547,DAコンバータはicのピンが見事に整理されてご覧のパターンだ。(下の2個)

まあ4層盤でない問題もあるが、メーカー製の基板ではコストと生産性が一義で性能は多少落ちても良しとする。高周波対策は甘く、しかし我々は部品の手付けが出来るので周波数特性の良いセラミックコンデンサをTDA1547のピンへ直付けする。高周波ではコンデンサリード線のインダクタンスを問題にする為、最短のリード線にする。

これで一段と音楽が生き々する。

|

« 1954年録音風景 | トップページ | DP100,DP80再生プロジェクト9 »