« マークレビンソン LNC-2L その2 | トップページ | 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その22 »

2008年5月29日 (木)

SAE2600の問題点 その2

Sae2600ここの所の気温上昇で通常設置の機体の方も温度上昇が厳しくプリドライブが危うい。一応出力段に接近して設置された放熱器だが冷却ファンの風の流れが殆ど無関係で冷却できない。がまん出来ず小型のファンを手配してしまった。

割烹”わかすぎ”の若旦那が高校生のときこのアンプを使っていて(1球自作アンプのあんぷおやじとは大違い)音は良いのだが燃えてしまい、併せてスピーカまで駄目にして嫌気が差しオーディオから遠のいた経緯のアンプで、当時の販売店fオーディオがサポート出来なかったのだろう。

電源電圧±100vの高電圧、燃えるほど流したプリドライブA級増幅、えい!馬力は負けない8オーム400wのB級出力段、複雑な回路、ジェームス.ボンジョルノは無理矛盾を孕んだ鬼才としか言いようがない。

|

« マークレビンソン LNC-2L その2 | トップページ | 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その22 »