« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その21 | トップページ | 里見紀子さんのバイオリン »

2008年5月24日 (土)

マークレビンソン LNC-2L その1

Lnc2lクレイドルY井さんがマークレビンソンのチャンネルデバイダLNC-2Lをオークションで手に入れた。クロスオーバーが300HZで600HZに調整し直して欲しいと依頼されたが、多忙で1年間放っておいた。スマン!外観は美品でかなり高額のようであった。

先ずは性能測定とゆう事でクロスオーバーゲインの測定でQ=0.7程度と出て通常の18dbと見た。目論みはどこかに周波数調整があるはずだと調べる、あった!半固定ボリュームが背面から調整できるようになっていてCornerの文字が見える。

Cornerイコールクロスオーバー周波数の調整で、データをきちんと取った上で調整する。ローパスのアジャスト範囲が小さい、ハイパスは問題なく調整できた。困った!だいたいこの手は周波数が可変できるのが当たり前、と設計者のあんぷおやじは思うのであった。

|

« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その21 | トップページ | 里見紀子さんのバイオリン »