« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その23 | トップページ | 聴く鏡 »

2008年5月30日 (金)

JBL2405 アルニコ

2405現在手元にあるスピーカユニットは長い付き合いで激動する人生にいつも寄り添ってくれてあんぷおやじの生き証人だ。この先も長い付き合いだから感謝を込めて最良の条件を作り出している。

端子は鉄の止めネジに本体は真鍮ニッケルメッキで、まあ悪くはないがこれを取り外しベルデンのスピーカコードを直接つなぎ引き出し線とする。振動板からのテンションが掛かる引き出し線は胴の平板だが、これも99.99%金平板に変更する。イコライザは磨きに磨き(研磨半ば)ホーン内部も磨き倒す。

ALTECはツイータに弱くJBLの力を借りるしかないが、チューニングされた2405は実にナチュラルにJAZZを奏でる。

ありがとう2405!

|

« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その23 | トップページ | 聴く鏡 »