« SAE MODEL2600再生プロジェクト 了 | トップページ | バードランド »

2008年5月 6日 (火)

SAE2600の電源

Sae2600 実に上手い構造で中央に電源整流器とEIコアの電源トランス、左右に電源電解コンデンサ、配線はコモングラウンドが左右の電解コンデンサをアルミ板のバスバーで渡る、+電源、-電源は同じくアルミ板のバスバーで渡る。

比重が軽いアルミは重量が問題となる高圧送電線に多用されているが、オーディオ機器の配線部では使いたくない素材で銅に比して50%も導電率が低い。即座にOFCの銅板に変えたいとなるが思案のしどころ。

透明度は上がり緻密さも上がり美しくはなると思うが、力感が失われたのでは勿体ない。手軽に実験できる構造なんで、音で確認しながら決定しよう。

|

« SAE MODEL2600再生プロジェクト 了 | トップページ | バードランド »