« シリコンバレー その20 | トップページ | ブラジル紀行 その13 »

2008年8月 6日 (水)

シリコンバレー その21

Vifa神楽坂のハイエンド.オーディオ研究所イーディオのI田さんは小型スピーカの権威者で、その研究の為に家1軒分を投じた?お陰で答えは大体決まっていて後は予算で決めるだけになって、すこぶる楽だ。

最近の小型スピーカではスカーニング、スキャンスピークなど使ってみたいスピーカが目白押しだ。ATCの高額スピーカのツイータはSEASだし最近は売らなくなったがディナウディオ等も高級機に使われている。そして主な産出国はデンマークになる。画像のVIFAはmaide in norwayとある、詳しくは知らないが北欧で現代スピーカの大半を作っている、とゆう事のようだ。

ノルウエーとなればコンピュータ社会を牛耳っている珪石(シリコン原石)の産出国だ。ここで原石から低純度のシリコンに精製され大半は日本に送り込まれたが、最近は韓国等競争相手の需要も多い事だろう。

とゆう訳で現代は北欧が面白いぜ!

|

« シリコンバレー その20 | トップページ | ブラジル紀行 その13 »