« ブラジル紀行 その15 | トップページ | サンフランシスコ ベイブルース »

2008年9月 6日 (土)

ギブソン J160E

J160eブルースギタリストのhigasiさんが”良いギターでねー”と言いながら自在に弾きまくっていた。そのhigasiさんは国の九州へ戻られて、お店でこのギターを弾く人が居なくなった。

ガボール.ザボのインパルス時代にはこの”ギブソン J160E”の演奏が多く残さている。

音色に惹かれ追っかけてギターまでは入手できたがアンプがtobyとゆうテキサス辺りの小さなアンプメーカが作ったモノらしく、その道の専門家”ミュージック.バーンのフレッド渡辺さん”に調べてもらったがそれ以上は不明。

勿論このギブソン J160Eはネック裏に64281と刻印されてジョン.レノンが愛用して有名になった1964年製と同じ年の正真正銘のオリジナルだ。オーディオのJBL,ALTECの名機が1950年から1960年に集中したように、名機レスポールもあの1950年から1960年代だから出来た、時代の成せる業だと言える。

昔は良かった...と時々聞こえてくるが良かったのでは無く、良くしていたのだ。貧しくとも未来が見える時代であった事は間違いない。

”で、あんぷおやじーギターの腕前は?”...スマン3日坊主です!

|

« ブラジル紀行 その15 | トップページ | サンフランシスコ ベイブルース »