« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その27 | トップページ | PDX2300開発奮戦記 6 »

2008年10月25日 (土)

SAE2600 remodeling NO4

Sae2600割烹わかすぎの若旦那は、高校生の頃”ぐれられては困る?”と親が当時としたら最高級のハイエンドオーディオ機器を購入して与えた、高校生だぜ!苦学生のあんぷおやじとしたらあり得ん!

芸術家の若旦那は高級機など興味もなく意に介さないようで、型式も覚えていないが、sae2600だけは強烈に印象に残ったようだ。開口一番”寺内貫太郎アンプで自分で勝手に熱くなり壊れる”直ぐに壊れるので嫌気が差し、別な高級機を買ってもらったそうだ。

自分で勝手に熱くなり直ぐ壊れるのはその通りで、設計が天才か、 not天才か分からない。そこに惹かれ、未だにこの抵抗の目的が何なのか分からない箇所も多く、謎解きに寿命が尽きそう。

電源の電解コンデンサの交換は終わりofcの銅板が入り次第加工して交換、電源にインレットを用意して...などなど回路の前にやること山積み。

|

« 謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その27 | トップページ | PDX2300開発奮戦記 6 »