« ブラジル紀行 その23 | トップページ | Kind of Blue その2 »

2008年10月 9日 (木)

Kind of Blue 

Miles2Kind of Blueは世界中で1000万枚も売れたレコードとcdでたまげてしまう。

先日の創作料理屋ではbgmにKind of Blueが流れていた、蕎麦屋のbgmも弁当屋のbgmもjazzだった。

異変か?

1959年、野山を駆け回っていた頃アメリカにはこんなにハイカラで凄い音楽があったのだ。良い時代になったもので、タイムマシンで時代と重ね合わせゆったりと最高のjazzが聴ける、なんてありがたい事だろうか。

これを越えるjazzを望む方に無理がある、これらは時代の”力”がなせる技で、時代がマイルスを後押ししたのだろう。

|

« ブラジル紀行 その23 | トップページ | Kind of Blue その2 »