« cello performance | トップページ | SAE2600 remodeling NO4 »

2008年10月24日 (金)

謎めいたJAZZ喫茶AMP工房 その27

Ampkoubouハードが不調で徹夜となり仮眠に戻る。さすがに徹夜はこたえて仮眠してもボーッとして店に出た。

最近は耳の周波数特性も衰え12000hz程度で自信が無く、丁度若旦那が来店で電源トランスの音を確認してもらう。タムラの高価で製造中止のトロイダル電源トランスは、音を飛ばせるのにそれなりに使えそうで安堵した。

目的は1950年代、60年代のjazzを広い空間に?油絵具をぶちまけたように音を飛び散らせる事で、あんぷおやじ風jazz表現でお客さんご容赦!

頑なにメインストリームjazzをコンサートに持ち込むプロモータの森さんと、来ていただいた素晴らしきミュージシャン、頑なに1950年代、60年代のjazzの再生に拘る”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”

東京jazzフェスティバル2008はブルース風バンドにロック風バンド?俺たちゃあ化石の如く古いjazz!

|

« cello performance | トップページ | SAE2600 remodeling NO4 »