« 究極のレコードプレーヤシステム その2 | トップページ | Cello Performance の電圧増幅段 »

2008年11月29日 (土)

Gabor Szabo Sorcery

Szabo降り続いた雨がパッタリ止まり同時に白み始めた東の空、やれやれだ。電流ゲインが上がらず根を詰めて朝を向かえた。開発は常にトレードオフがありオフされないように何とか収めようとするが、メカニズムからくる限界がある。

眠い目をこすりながらお店の早朝オープンだ、勿論お客はあんぷおやじ一人、Gabor Szabo Sorcery を演奏してもらおう。

フランス映画”男と女”のStronger Than Us,6曲目に入った頃は、もう殆どサンフランシスコjazzクラブ、キム.ボールの2階にいる。隣の黒人は長身にスーツ姿でレジメのネクタイがやけに格好いい、ざわめきが一段と大きくなり拍手でハッ!と我に帰る。

”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”がJAZZクラブに変貌した瞬間だった...

|

« 究極のレコードプレーヤシステム その2 | トップページ | Cello Performance の電圧増幅段 »