« A Simple Matter of Conviction | トップページ | チャンネルデバイダー その3 »

2009年3月22日 (日)

SAE2600 remodeling NO6

Sae26002寺内貫太郎あばれはっちゃくアンプのsae2600も、流石に高齢には勝てず常に”要介護”状態でようやく音が出ている。

音のゆるぎない自信ではマッキンmc1000に座を譲るものの、足の速さではダントツで幾ら要介護でもこの先も共に齢を重ねる事になる。

Sae26001電源の電解コンデンサが30年が経ちダウンして交換したが、ついでにアルミバスバーをofc銅板に交換しようと企み、とりあえずofcの銅線に交換してみた。

効果絶大でたまげた!高音の大音量時のヒリツキ感が消えて誠に心地よいが、モノには良い加減がありやりすぎはsaeの特長を消してしまう。アルミ電線は特高の送電線に使用するのが正解で、オーディオには不向きなのだろう。

|

« A Simple Matter of Conviction | トップページ | チャンネルデバイダー その3 »