« チャンネルデバイダー その1 | トップページ | Jazz Samurai その1 »

2009年3月 6日 (金)

OHMITEの抵抗

Ohmite”茶色のエナメルボディを眺めているとうっとりする”は、秋葉原桜屋電機店オーナーの弁?

うっとりされても困るのだが、ディールのns-2bのきめ細かさとは違い厳しい音を出す。エージングが進んだら若干柔らかくなるとは思うが、久々に自分好みの抵抗に出合った。

金田式で単純化した手法を学んでいる頃は、徹した単純化でマルチシステムのパワーアンプを416-8aのカバーに取り付けスピーカ線を最短にしたが、単純な分あっさりしてしまう。

最近はカップリングコンデンサや抵抗も、音楽駆動をする重要な役目と理解して部品が増える事には積極的だね。

|

« チャンネルデバイダー その1 | トップページ | Jazz Samurai その1 »