« ラインアンプ その2 | トップページ | ALTEC Voice of The Theater »

2009年4月 7日 (火)

ALTEC 288-16G

28816galtecの白眉は288-16gで1003b,288-16g,515b,の三位一体中の主役と思える。昔からaltecはボーカルが良いとされてきて、声の周波数は288-16gに全部受け持たせようと決めて515bとの繋がりを300hzにした。

だいたい人間の声の低い方が300hzで理屈上はいけると判断してやったが、300hzのネットワーク部品が凄すぎて最近は600hzの標準的値に戻した。

見ただけで良い音がでそうな面構えに、はなっから惚れ込み迷いなく20年が過ぎてこの先も苦楽を共にする。

|

« ラインアンプ その2 | トップページ | ALTEC Voice of The Theater »