« デジタル録音機 | トップページ | 真空管アンプの威力 »

2009年6月16日 (火)

レコード学 その1

Lp2年ほど前だが友人が”あんぷおやじー、レコード捨てようと思ったけれど置いてっていい?”勿論!噂が飛び交いレコードを引き取ってくれるらしい?とゆう事になり持込が増えた。

さすがに閉口してご遠慮願ったが捨てるには忍びない文化遺産で、21世紀は捨てる世紀とも言える。

レコードだぜ!と言っていた時期には埃のパチパチもアナログの良さやーと痩せ我慢で息巻いていたが...

やおらレコードを取り出しターンテーブルに載せ回転させながら埃を払いアームを所定の位置に移動してアームレストで軟着陸させ曲がスタートする。全ての動作が手動で自動化は全く進んでいない。

最新の合理化便利化の産物が正義で古いものは非正義で捨ててしまえ!となるがcdも同じ運命を辿り、踊らされると気が付けば自分を捨ててしまえー!になる。くわばらくわばら...

|

« デジタル録音機 | トップページ | 真空管アンプの威力 »