« レコード学 その1 | トップページ | レコード学 その2 »

2009年6月17日 (水)

真空管アンプの威力

Sa3期せずして真空管アンプの威力を知る事となる。

ハイエンドアンプのフォノイコライザーを何種類か使ってきた。celloのrmcやfmアコースティックはmcトランスを使用しないトランジスターヘッドアンプ内臓のイコライザーで、それは凄いレコードの音がしていた。

カートリッジが腰砕けで暫く休み最近レコードの復活を見たが、オルトフォンのspu-aでやる気をなくしていた。あーいかん!いつの間にかあれも無い、これも無い病になっていた...spu-aに申し訳なく反省。

そこであるもの総動員作戦でカウンターポイントsa3のフォノイコライザーを最強のコンデンサで固め、真空管をとりあえず真面目な国産tenの6cg7に変えた。途端に今まで眠っていたカウンターポイントのsa3が魅力的なフォノイコライザーに変身した。

前出のトランジスターハイエンドアンプはきめ細かくて凄いが、真空管sa3は色と艶でjazzには圧倒的表現力でたまげた!これが真空管アンプの威力か...

|

« レコード学 その1 | トップページ | レコード学 その2 »