« システィーナ礼拝堂 その4 | トップページ | デジタル録音機 »

2009年6月13日 (土)

Mark Levinson LNP-2L

Lnp2l これだけ歴史を変えたアンプは無い、と言えるし確実に歴史に名を残した。使っていたcelloのアンコール1mΩは歴史に残るとは思えないし新生violaも然り。

1973年はintel4004のマイコンに触発された時で、時代は正にコンピュータ革命に突き進もうとしていた。期せずしてマーク.レビンソンのLNP-2Lが誕生し時代の産物とも言える。

Lnp日本円で90万円、当時のあんぷおやじの給料2年分に相当して法外な値段に”良い度胸だ売れっこない!”が売れてしまった。

パワーアンプでは愛着のあるcello performanceがマーク.レビンソンとトム.コランジェロ最後のコラボレーションで、歴史に残ると決めている。

画像は若旦那のcello performanceとLNP-2Lで、あんぷおやじが元気な内は”介護”は引き受けたから心配ご無用と伝えてある。

|

« システィーナ礼拝堂 その4 | トップページ | デジタル録音機 »