« SAE2600 remodeling NO7 | トップページ | イタリア紀行 その70 シエナ »

2009年7月28日 (火)

イタリア紀行 その69 シエナ

Sie19 人は見ているが見えない。

Sie17 一生懸命見ようとしているが見えない。見えるとしたら膨大な情報量の中の僅かな”断片”でしかない。

Sie20絵を描けばすぐ分かる、対象物を見て記憶し絵筆に絵の具を乗せ描くが”えーと何だっけ...”なんてことは年中で、記憶装置にどれだけ多くの情報を詰められるかが、天才と凡人の違いと言える。

凡人あんぷおやじのプアーな記憶装置では、やはり見ているが見えない。

そこで確かな情報格納記憶のために多くの写真を撮る。

|

« SAE2600 remodeling NO7 | トップページ | イタリア紀行 その70 シエナ »