« レコード復活 その5 | トップページ | イタリア紀行 その9 »

2009年7月 4日 (土)

イタリア紀行 その6

Ch124時間全天候型働き人は勿論朝が早く、鳥目みたいなもので明るさに導かれて目を覚ます。

早速もう一台のデジカメeos.kissの弾倉にコンパクトフラッシュメモリー4Gをカシャッと装填して、ローマの戦いに備える。

Ch2朝日のまぶしい早朝に散歩と洒落込み家人とホテル近郊を散策する。

目立つ建物は教会で前日のミサの余韻が漂い、おー!凄いと写真を撮りまくるが、先にもっと衝撃的な事態が起きようとは知る由もなかった。

Saitama旅行の楽しさは食事にありで、早々にレストランへ集まる。席を同じくした最初の旅仲間は埼玉からお越しの仲睦まじい若いカップルで、見ていて羨ましくも微笑ましい。

Nk同じく同席した仲間はニューヨーク在住のご夫妻で昨夜のうちに大西洋を渡って来られた。

何と奥方は静岡出身で、ニューヨーク、ローマ、静岡を結んでの会話に不思議さを覚える。

で、肝心な朝食はコンチネンタルブレックファーストで実に質素、アメリカンスタイルに慣れてしまってそう感ずる。だがそれはそれ、何度も席を立ち運び食べる食べる...

|

« レコード復活 その5 | トップページ | イタリア紀行 その9 »