« イタリア紀行 その2 | トップページ | イタリア紀行 その3 »

2009年7月 1日 (水)

レコード復活 その4

Dp80若旦那が”レコードもいいんじゃあないの!”と言う。それもそのはず何ミクロンかの銅ofcリッツ線を2本よじってストレスフリーを実現した。

3本くらいまでいけそうだが、いつもの”過ぎたるは...”を肝に銘じて2本で良しとした。銀線からの変更とofcリッツ線の増量ですっかりレコードが蘇った。

後は奇想天外でたたみかける。レコードプレ-アシートは5mm厚のアルミラスクを円形加工して貼り付け、最上部シートは還暦同級生から教わった導電性プチプチを加工して貼り付け出来上がり。

ターンテーブルシートのアルミラスク方式は”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”とジャズバー”クレイドル”しか存在しない。

|

« イタリア紀行 その2 | トップページ | イタリア紀行 その3 »