« イタリア紀行 その104 ピサの斜塔 | トップページ | イタリア紀行 その106 ピサの斜塔 »

2009年8月12日 (水)

イタリア紀行 その105 ピサの斜塔

Pisa41全体配置図はこんな感じです。

中央のドォオモは十字架の形をして、それに礼拝堂の丸が接続されている。天使と悪魔のラングドン教授ならばこの十字架と丸から象徴学的紋章の意味合いを説明できる?

Pisa13左端のまるい礼拝堂では、定期的に音響チェックで聖歌を歌うらしいが、時間がなく断念した。

シエナのドォオモでも感じたが、白い大理石の建物は石でありながら柔らかい白蝋のような不思議な雰囲気を感じ、息を呑む。

|

« イタリア紀行 その104 ピサの斜塔 | トップページ | イタリア紀行 その106 ピサの斜塔 »