« イタリア紀行 その105 ピサの斜塔 | トップページ | イタリア紀行 その107 ピサの斜塔 »

2009年8月13日 (木)

イタリア紀行 その106 ピサの斜塔

Pisa14広大な空間に十文字構造のドォオモが構え、その鐘つき堂たる鐘楼がピサの斜塔になる。

設置面積の小さい鐘楼のみが傾き、そのほかの建造物は設置面積の大きさで救われた。

地盤調査をせず?に建築するイタリア的手法は結果的に世界遺産を生み出し、幸、不幸は理論を超える。

|

« イタリア紀行 その105 ピサの斜塔 | トップページ | イタリア紀行 その107 ピサの斜塔 »