« ホッケンハイムサーキット フランクフルト | トップページ | イタリア紀行 その140 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »

2009年8月26日 (水)

イタリア紀行 その139 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

Fire32サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂正面に描かれた絵画は色落ちも無く表現も丹精で新しい時代と思える。

Fire33彫刻や装飾の美しさも格別で華やか、日本なら木を削り表現する所がイタリアは石を削り自在に表現する。

芸術家と職人と分けたのは近年で昔は境目が無かったのだろう。

それにしてもこの石芸術職人?は凄い。

|

« ホッケンハイムサーキット フランクフルト | トップページ | イタリア紀行 その140 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »