« イタリア紀行 その142 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 | トップページ | イタリア紀行 その143 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »

2009年8月27日 (木)

Bill.Evans

Evans割烹”わかすぎ”の若旦那は定期的に料理研究で東京に出向く。出向いたついでに輸入盤cdの珍しいものを手に入れてくる。

どうゆうわけだかその珍しいcdが何時の間にか”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”で鳴っていたりする。
時々cdの中身が消えて焦るがたいてい仲間内のどこかにある。

この紙ジャケcdはBill.Evansにどれだけお金を掛けたらいいの?の典型で何枚目かのモントルーになるが音がよく試聴盤の代表で若旦那のモノ。

中身が消えてしまい紛失は困るのでアマゾンで手配したら1600円チョット、どの盤よりも音が良くて安くて...なんなんだろう?

|

« イタリア紀行 その142 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 | トップページ | イタリア紀行 その143 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »