« イタリア紀行 その206 ベネチア | トップページ | イタリア紀行 その207 ベネチア »

2009年9月22日 (火)

SAE2600 remodeling NO12

26005電源のドロッパ抵抗はオーマイト、信号系の主な抵抗はdealのrs-2bに交換。

問題のカップリングコンデンサはフィルムの10μfにしたが容量が小さい。(対称差動増幅回路のカップリングコンデンサは4個も必要)

物理的に10μfしか入らないので周波数特性をシュミレートすると、遮断周波数(カットオフ周波数)fc = 2.340513869[Hz]と出た、okじゃあ!

|

« イタリア紀行 その206 ベネチア | トップページ | イタリア紀行 その207 ベネチア »