« イタリア紀行 その189 ベネチア | トップページ | イタリア紀行 その190 ベネチア »

2009年9月14日 (月)

カウンターポイントSA5.1修理 その2

Sa512誤差増幅管の不良で電源電圧がもろに240vラインに加わり抵抗焼損、電解コンデンサに高圧が掛かりパチパチ音にたまげ、全数交換。

Sa511気になり電源投入時の過度現象を見ると、なんと240vラインに最大で290v掛かる事が分かった。

2秒間程度で壊れる事はないが電解コンデンサの耐圧を250vから350v程度に上げる必要がある。

定電圧放電管が安定領域に入るまでの過度状態に発生して、本質的問題で困ったものだ。

|

« イタリア紀行 その189 ベネチア | トップページ | イタリア紀行 その190 ベネチア »