« イタリア紀行 その272 ベローナ | トップページ | イタリア紀行 その273 ベローナ »

2009年10月21日 (水)

アナログ録音

Tapeあるプロの録音エンジニアから、プロの録音現場の厳しさが伝わってきた。

意味深いので手紙の一部を抜粋してご紹介します。

「時代は、完全にアナログテープを捨てました。
海外でも、もうほとんど使ってません。
日本では、予算がかかるのでまったく使わなくなりました。ジャズは特にアナログテープでないとあの感じは出ないのです。
それはわかっているのですが、そういうプロダクションが組まれないのが現状です。
まわりもそうです、全て予算削減と高率化の為です。しかも、みんながデジタルの音に慣れてしまっていて、あまりにも知らないのです。
悲しい現実です...」

凄い音ならデジタル録音に適いっこない、しかしながら私は音楽”jazz”を聴きたい...まあ時代はデジタルだしお好きにどうぞ、ですか。

テープ走行サイン波サーボモータ制御技術に真空管式録音アンプ、アナログ録音技術が何れ役に立つやも。

|

« イタリア紀行 その272 ベローナ | トップページ | イタリア紀行 その273 ベローナ »