« オーディオシステム | トップページ | イタリア紀行 番外編 ローマ教皇 »

2009年12月30日 (水)

venus sound 2A3 パワーアンプの電源

Dcp2金田式で乾電池駆動した時、電源の重要性を学んだ。

以来電源もアンプと見なしアンプが2段カスコード接続になっている概念で、アンプの開発を進めた。

金田式の初期はa級アンプの出力段まで定電圧化していたし、未だにパワーアンプの傑作はマークレビンソンのml-2と決めている。このml-2もa級アンプで出力段まで定電圧化していた。

とゆう訳で音の良い電源+定電圧電源で好結果を生んでいる。venus sound 2A3 パワーアンプのドライブ段は+b電源と-c電源の2つを定電圧化して音色調整と動作の安定を狙った。真空管の場合高電圧小電流が基本で定電圧電源が作り易く、type2aスペシャルでは2a3出力段の定電圧化を実験中。

|

« オーディオシステム | トップページ | イタリア紀行 番外編 ローマ教皇 »