« 真空管アンプの威力 | トップページ | イタリア紀行 番外編 レオナルド.ダ.ヴィンチ その1 »

2009年12月 1日 (火)

ヴィレッジ.バンガード

Van2ニューアーク空港への到着が遅れて慌ててタクシーを飛ばす。

最近増えた中近東のタクシードライバーに歯切れの良い英語で?グリニッチ・ヴィレッジのヴィレッジ.バンガードを頼む、と伝える。

親切なタクシードライバーは急いでくれたが、ラストステージが始まっている遅い時間に着く。急ぎ階段を駆け下りると、マックス亡き後ヴィレッジ.バンガードの経営を引き継いだロレイン・ゴードンさんが、ドルの束を握り締めながら”12ドルにまけとくよ!”と言ってくれた。

Bill2電源が強化されてから正にヴィレッジ.バンガードの雰囲気そのものになってきた”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”。
ビル.エバンスが座っている階段は入り口で、ここでお代を払う。

あんぷおやじのオーディオはこの場所ヴィレッジ.バンガードの再現の為にやってきた、とも言える。左からオリン.キープニュース,スコット.ラファロ,ビル.エバンス,ポール.モチアン...凄い時代だったなあ。

|

« 真空管アンプの威力 | トップページ | イタリア紀行 番外編 レオナルド.ダ.ヴィンチ その1 »