« イタリア紀行 番外編 イタリアルネッサンス | トップページ | ラファロとラファエロ »

2009年12月28日 (月)

altec用ネットワーク

Network12スピーカケーブルをカルダスに変えてから一段と音が浮き出し潤いがあり苦労の甲斐があった。

3ウエイネットワークは4年ほど前にムンドルフのコイルに全面変更して、今日に至っている。ムンドルフも完璧ではないが繊細な音楽表現力が好きで決めた。

コンデンサはドライバーが強烈でアウリキャップで若干軟弱だが繊細さを重視し、その他は最近クオリティキャップの青に変更した。ネットワークコンデンサもそれぞれ一長一短があり、調味料の如く配合に妙があった。

このあたりは改善の余地は十分あるが際限なく収拾がつかなくなるので、止めた。止めたがカルダスケーブルに変更してから細かい事は全て吹き飛び、現状で十分な事を証明した。

|

« イタリア紀行 番外編 イタリアルネッサンス | トップページ | ラファロとラファエロ »