« 伊藤君子さんJAZZコンサート | トップページ | JAZZボーカリスト ギラ.ジルカさん来店 その2 »

2010年2月19日 (金)

JAZZボーカリスト ギラ.ジルカさん来店 その1

Geila4徹夜明けで仮眠中にroaから”...さんとゆうjazzの人が来店する”と電話が入る。

ークデーだし一体誰だろうか?すると電話が入り仲良しjazzボーカリストのギラ.ジルカさんであることが分かりたまげた!

神戸、大阪、名古屋、静岡はライフタイムでのコンサートツアーを終え、帰路の途中に疲れているのでしょうが”謎めいたJAZZ喫茶AMP工房”へ立ち寄ってくれた。

Geila11同じjazzボーカリストの矢幅歩さんにジャズボイスドラマー&ボーカリスト北村嘉一郎さんの3人で見えた。

ギラさんと再会を喜びガッチリと握手をする。

Yahaba1ギラさんからボーカルの矢幅歩さんを紹介頂き握手する、端正な顔立ちで優しそうな印象を受ける。

大阪ライブの音源サンプルを試聴させてもらい優しく美しい歌声に彼の人となりを納得した。

Kitamura1ドライバーです!と自ら名乗り愛想の良いジャズボイスドラマー&ボーカリスト北村嘉一郎君に”ようきたね”と握手する。父親が団塊の世代で子供の頃からファンキーjazzに親しんできたjazz好きな好青年だ。

大阪ライブの音源サンプルからはギラさんの火の出るような情熱的な歌声に、ギラさんより少し高い音域で冷静にハモる美しい矢幅さんの歌声、デュオjazzの楽しさが伝わる。

驚異のジャズボイスドラマー北村君のドラムセクションは、タムとハイハットの音を同時に声で出しているのでは?その場でもやってくれるが理解に苦しむ、なんとも凄い若者がいるもので”今時の若い者は”など当てはまらない。

大阪ライブの音源サンプルからは完璧に編集されたスタジオ録音に無い魅力的なjazzコンサートが伝わり、矢幅さんのブログにあるコピー”歌は人なり、人は歌なり”を実感し、全て整い揃うのではなく少し足りないくらいが丁度良い、と示唆している。

思いがけずjazzの若者3人組みとクリエイティブな時間をすごせてjazzの神様がくれた贈り物だった...

|

« 伊藤君子さんJAZZコンサート | トップページ | JAZZボーカリスト ギラ.ジルカさん来店 その2 »